Vistaも出ているのにいまさらながらだが、Windows XPのスタンバイを使用してみた。

これが、すごく便利なことに気づいた・・・


これまで、少しパソコンを離れるときとか、いちいち電源を切っていたが、

スタンバイにすると作業途中のまま電源も切れて、しかも起動がはやい。(10秒かからない)

XPも4年ぐらい使っているがなぜこの機能にきづかなかったのか・・・

どうも、Windows 95の頃から使っているので長時間使っていると不安定になってしまっていたので

その印象を引きずっていたみたいだ。

スタンバイ機能自体、前から知っていたのだがその印象のため見てみぬふりをしていたみたいだ。

が、実際使用してみると不安定感は今のところ感じない。

Vistaではもっと進化しているのだろう・・・

タグ: